FC2ブログ

archive: 2016年06月  1/1

スポンサーサイト

No image

廃トンネル2/2

このアーチ型の明かり採りがね、見たかったのね。普通廃線になったり使われなくなった場合、レールは撤去さてしまうことが多いのですが、ここはレールも枕木も残っているのが素晴らしい。だって、線路が無いとそこはただの細い道・・・。そしてなぜこのトンネルが使われなくなったかというとコレ。土砂がドシャッと崩れて以降放置されているそう。この土砂を超えた先にまだトンネルがあるらしいのですがもう満足したので引き返しま...

廃トンネル1/2

あまり鉄道には興味無いのですが、廃なトンネルには惹かれます。良い子も良い大人も普通の線路は絶対に入っちゃダメですがここはもう使われていません。(16.06撮影)ちょっとわかりにくいのですが、この数列なんか好き。これも意味はわからないのですがカッコイイ。「スイチ」まあトンネルなのでね、残留物はこれくらい。入り口付近は普通のトンネル。途中ホントのホントに真っ暗で怖いんですよ~。気持ち的にはマグライトを上段...

整形外科2/2

やはり場所が場所だけに、雰囲気と空気感が独特であまり長くお邪魔していたいとは思えません。あらかた1階の写真を撮り終え、早々に2階へ行くとそこには・・・!まるっと手術室が残っている奇跡に感謝。無傷の無影灯。風雨に曝されてサビたのは理解しているけれどやはりいろいろと想像をかきたてられるこのノコギリとノミ。でも、手術台にこれらが置いてあるのはあざとすぎるので廃墟マニアさんの作為的なものを感じます。電動のも...

整形外科1/2

今回は経済破綻した市にある廃病院です。(2016.06撮影)今回は建物というよりは病院ならではの残留物をフィーチャーしていきたいと思います。定番の薬品棚はやはり良いですね。欲を言えば怪し気な薬品の入った試薬瓶が並んでいてほしかった。新しめの錠剤なら放置されていました。カラの指輪ケースが謎。棚の残留物は少なめでしたが・・・レントゲン写真やカルテなんかは無造作に放置されていました。別の部屋へ移動すると・・・...

円形小学校3/3

三階に上ると螺旋階段の天井からはこんなに美しい光が漏れていました。いろんなブロガーさんの画像を拝見しては変な声を出していましたが今本物が目に前にあるよ・・・・・・!!!ピーク時には1500人以上もの児童がいたらしい。炭鉱の閉山と共に子ども達の声は聞こえなくなったけれどそれでもこの光は今も変わらず毎日こうして降り注いでいるんだなぁ・・・と思うとなんだか胸熱・゚・(つД`)・゚・ 校舎のお隣にある体育館。廃校になっ...

円形小学校2/3

校舎の中心部分は水没していませんが、時期によっては1階部分は水没していることもあります。螺旋階段を登っていくと・・・。その階段を取り囲むように教室が並んでいました。残留物はほとんどありませんが、この棚にはきっとお道具箱とか置いてたんでしょうね。窓枠の落とす影が美しいだけに・・・許すまじ高橋智美!まあ、この手の場所にしては落書きは少ない方でしょうね。それにこういうの書くのは大抵メンズですし、本人じゃ...

円形小学校1/3

北海道の廃墟好きさんには超有名な円形小学校に行って参りました。と言っても・・・道らしきものが無い・・・。(2015.6撮影)相方がgoogleマップの航空写真で当たりをつけたこのかろうじて道と思しき所を進む。虫と熊の恐怖に怯えつつも進む。(後日、反対側からのルートがあることを知ったけど気にしない。)お?ややすると、大自然の中に突然・・・本当に突然廃墟が現れる。ガラスはほとんど割れてしまっているけれどゆっくり、...

旧北炭清水沢火力発電所4/4

まだまだ何時間でも居たかったけどキリが無いのでこのへんで・・・。大正15年から65年にも渡って炭鉱に電気を送り続けた旧発電所。この地域が支えてきた産業への誇り、しっかりと感じました。この廃墟をアートとして残すべく動いてくださったプロジェクトさんと維持、管理しながら無料で公開してくださっている企業さんには心からの敬意と感謝を!車での帰り際、またあの気のいいおじさまを見かけたので母娘でブンブン手を振ると、...

旧北炭清水沢火力発電所3/4

で、この廃墟。とあるバンドのMVでも使われておりまして、娘ちゃんが「うちのバンドもここで撮影したい!」ということでロケハンも兼ねていたのでついでに撮影。今度自分のバンドのアー写を撮るので練習してみる。アー写となると、天井の落下物防止のためと思われるビニールと木材が画的にちょっと残念かな・・・。自分はお腹いっぱい写真を撮ったので、カメラを娘ちゃんへ渡してみる。植物を撮っているのかな?いや~、熱心。植物...

旧北炭清水沢火力発電所2/4

二階は清浄な気に満ちた光り溢れる空間が広がっておりました。自然に割れたガラス、自然と剥がれ落ちたコンクリートなんと美しい・・・。ここにも大好物の階段がかかっておりました。天井から差すわずかな光りが落とす階段の影。朽ちていく建物に育つ植物。相反するはずなのに、どうしてこうも相性が良いのでしょう。まるで計算されたように美しく散らばるガラス片。発電所らしくいたるところに碍子があります。実はこの場所、今現...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。