FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06
2016

東洋一の立坑1/2

CATEGORY炭鉱・鉱山
今回は炭鉱です。
(16.05撮影)
pon01.jpg



昭和34(1959)年に完成、昭和46(1971)年まで操業。
櫓の高さは約51m、深さはなんと約735m!
当時は東洋一の立坑と呼ばれていたそう。
pon02.jpg
鉄骨が剥き出しになっているのは閉山時の爆発で壁が
吹っ飛んだかららしい。
当然被害者も出て、本当に危険なお仕事だったのだと
改めて思い知らされる。



当然中は立ち入り禁止。
pon03.jpg
許可を取った人や強行侵入した強者の廃墟ブロガーさん達の
お写真を拝見して我慢しています。



しばらく東洋一の立坑を見上げた後、ふと視線を落とすと
動物(だよね!?)の骨・・・。
pon04.jpg



立坑内に入りたいのをグッとこらえつつ、近くのホッパー跡へ。
ここは精炭された石炭を貨車に積み込むための施設です。
pon05.jpg



等間隔に並んだ上の穴から石炭が落ちてくるのだね。
pon06.jpg



入り口近く。
pon07.jpg



少し行くときれいなアーチ型に。
pon08.jpg



鉄扉っていいよね。
そこから漏れる光も。
pon09.jpg



大きな蝶番。
pon10.jpg



さて、危険って書いてありますし
pon12.jpg



もと来た130メートルを引き返しますか。
pon11.jpg


東洋一の立坑2/2に続く
関連記事

Tag:廃墟 、廃鉱

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。