FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17
2017

タウシュベツ川橋梁(三度目の正直)

CATEGORY鉄道・橋
訪れるのは三回目のタウシュベツ橋梁。

(2016.06撮影)
tau2-01.jpg
撮影時に人を入れたくないので、またまたツアーに参加せず
自力で向かいます。
熊よけの鈴も買ったしね(`・ω・´)




tau2-02.jpg
最新の目撃情報は5月30日でこの日は6月5日。
最近ですね・・・。




tau2-03.jpg
相変わらずの大自然。




tau2-04.jpg
鹿でした(嬉野D風)




tau2-05.jpg
で、何度も言いますが訪れるのは三度目なので
今回はいつもの場所じゃなく、ぐるっと対岸側へ
回り込んでみました。




tau2-06.jpg
日頃の行いは悪いけど、この日はラッキーなことに無風で
湖面は完全な鏡状態。




tau2-07.jpg
念願の眼鏡橋の撮影に成功ヽ(*´∀`)ノ




tau2-08.jpg
水位、無風、青空、全ての条件が揃わないと見られないので
本当にラッキーでした。




tau2-09.jpg
興奮しつつ写真を撮りまくったら、やっぱりいつもの
対岸側にも行きたい。
でももと来た道を戻るとかなりの遠回りになるので隊長と
裸足になって渡河することを決意(`・ω・´)

カイリ 「雪解け水だから冷たいだろうね」
隊長 「浅くて狭いところをちゃっちゃと渡ろう。せーのっ・・・」


二人 「「いだだだだだだだだだだ!!!」」

水温は想定の範囲内だったのですが
湖底の石が丸いくせにまさかの足つぼ効果で
痛いのなんのって・・・!!
とっとと渡った方がいい事を頭では理解していても
前に進むことにより全体重がかかるであろう軸足が拒絶!!
思いのほか時間をかけてなんとか渡りきりました。

カイリ 「アメトークの足つぼのやつ大袈裟じゃないんだね」
隊長 「あれってヤラセだと思ってた・・・」





tau2-10.jpg
そんなことをしているうちに風が出てきてしまいました。




tau2-11.jpg
訪れた人たちが築いたであろうケルン(画像中央右)が
秘境感を高めますね。




tau2-12.jpg
風が出てきたのは残念ですが、湖面が鏡じゃない方が
橋そのものには集中できますね。




tau2-13.jpg
訪れる度に少しずつ痛みが進んでいるのがわかります。
来年まできれいなアーチを保っていてくれるかな・・・。



関連記事

Tag:廃墟

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。